犬との日々

ドッグトレーナーや犬の栄養学などを勉強中の飼い主と愛犬の日々のこと

ドッグトレーナーの勉強を始めて感じること

 

こんばんは、おはぎです。

 

 

私は昨日、今日とオンラインでドッグトレーナーの授業を受けていました!

4月入学でしたので、入学後ずっとオンラインでの授業になります。

オンラインだと通学時間が無くなるのは良いですが、、まだ実際にお会いしたことがない方と早く会いたいなぁという思いもあります。

 

しかし、今は外出も我慢ですね!

ニュースで”医療崩壊”という言葉を聞くと、「自分が患者にならないようにしないとな」という気持ちになります。

 

ということで、今はとにかく勉強、勉強です!!

 

 

ドッグトレーナーの勉強を始めて感じること

犬の行動学やボディーランゲージを勉強するだけでは足りない

犬という動物の特性など、まさに「ドッグトレーナーらしい!」と思う内容をベースに勉強していますが…

勉強すればするほど、、「栄養学も勉強しないと!基本的な医学知識もある方がいいなぁ」と、勉強すべきことだらけだと感じています。。。

 

私の愛犬がお腹が弱く、ホリスティックと栄養管理学の勉強を少し前から始めていたので、このまま勉強を続けて少しでも役に立つアドバイスができるよう頑張ります!

 

もちろん、すぐに色んなことを吸収するのは難しいですが、日常から色んなことにアンテナを張って生活しようと思います!

 

聞く力、伝える力が大切

問題行動として多い”吠え”一つでも、原因によって対応方法は様々なので、、”どんな状況の時に問題行動が起こるのか”、”普段どのような生活スタイルなのか”等、飼い主さんからしっかりとヒアリングする力がないと、本当の原因を解決できない可能性があると感じました。

また、自分の考えを飼い主さんにきちんと伝える力がないと、トレーニングの意味が伝わらず、正しいトレーニング方法ができないということを感じました。

 

固定概念にとらわれないこと

視野が狭ければ、ドッグトレーナーとして成長しないということ。

これはどんな仕事でも当てはまることかもしれませんが、できていない人の方が多いし、簡単そうで難しいですよね。

常に疑うことって大切だなと思います!

 

 

 

自分はどんなドッグトレーナーになりたいのか

正しい知識を知っていると犬との暮らしは素晴らしいことを広めたい

何かの勉強会で知ったことですが、、現在犬を飼っている人の内、ほとんどの人は今まで犬を飼ったことがある人だそうです。

 

確かに、共働きや一人暮らしが増えている世の中では、犬を飼うことはハードルが高いことだと思います。お金もかかりますしね。

 

しかし、今後在宅勤務の普及などで「犬を飼いたい!」と考える人が増えた時に、正しい知識を知った上で犬を迎えるということが当たり前になるように、自分ができることを考えていきたいと思います。

 

犬と幸せに暮らす人を増やしたい

問題行動で悩む飼い主さんや、もっと犬と良い関係になりたいなと感じている飼い主さんの力になりたいなと思います。

これは全てのドッグトレーナーの方が目標にしていることだと思いますが、私もこうなれるように頑張りたいと思います!

 

保護犬が新しい家族と出会うための力になりたい

私は今まで犬を飼った経験がなかったので、「保護犬を迎えるのは難しいかな…」と思い、保護犬を迎えるという選択をしませんでした。

しかし、これからはドッグトレーナーとして保護犬のサポートをしたいと考えています。

といっても、保護犬や殺処分について、まだまだ知らないことはたくさんあります。

 

すぐにドッグトレーナーとしてサポートするのは難しいかもしれませんが、、今でもできることは、現状を知ること!

できることから一歩ずつ前進していこうと思います。

 

 

 

まとめ

自分がどんなドッグトレーナーになりたいのか、そのためには何が必要なのかを常に考えながら、一歩ずつ前進していきたいと思います。

 

 

こんな私のブログを見てくださる皆様、本当にありがとうございます!

見てくれる人がいるということが私の原動力になっています。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

f:id:yuzuohagi:20200419192041j:plain

へそ天で熟睡中のチェスさん(この子と一緒に頑張っていきます!)