犬との日々

ドッグトレーナーや犬の栄養学などを勉強中の飼い主と愛犬の日々のこと

犬と理想的な生活を送るためには努力が必要

 

こんばんは、おはぎです。

 

 

最近、外出自粛のためか動物がでてくるテレビ番組が多いような気がします。

テレビで見る動物達の愛くるしい姿やお利口な行動を見ると、「犬ってすごいな!」と感じますよね!

 

f:id:yuzuohagi:20200424233517p:plain

知らないうちに理想的な犬を想像している

私たちがテレビ番組や映画で見る”お利口な犬”は、飼い主さんと犬の今までの関係があってこそだと思います。

 

でも、こうした”お利口な犬”と愛犬を比較して「うちの犬は賢くないから」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そもそも、”犬が賢い”とは何をどうすれば賢いということになるのでしょうか?

 

私たちは知らない間に”理想的な犬の姿”を想像するようになっていて、理想と異なると”賢くない”と判断しているのかもしれません。

 

 

犬は人を喜ばせようとしている?

犬の学習理論に関する本では、飼い主が喜んだり楽しい雰囲気になると、犬は自分自身にも良いことが起こるとわかっているそうです。

 

例えば、犬が飼い主の要求通りに”おすわり”ができるとおやつが貰える場合。

おやつをあげる時の飼い主は、きっと「お利口さん!いい子だ!」という感じで喜びますよね。

 

この経験から、犬は”飼い主が喜ぶ→おやつが貰える(自分にとって良いことが起こる)”と学習するそうです!

 

つまり、犬は人を喜ばせようと思っているわけではないようです。

 

 

しかしながら、愛情いっぱいで愛犬と接し、教えたいことは根気強くトレーニングすることが大切だと思います。

 

貴重な犬との時間を幸せな時間にできるように、ちょっとしたことでも努力していきたいですね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!