犬との日々

ドッグトレーナーや犬の栄養学などを勉強中の飼い主と愛犬の日々のこと

トリックができるようになると、トレーニングに対する飼い主のやる気がアップする

 

こんばんは、おはぎです。

 

犬のトレーニングというと、”おすわり”・”ふせ”・”まて”やリーダーウォークなどの基本的なトレーニングを思い浮かべる方が多いですよね。

 

この基本的なトレーニングの精度が高い程、犬との生活にストレスを感じなくなります!

 

ですが、飼い主としては基本的なトレーニングばかりだと、「ちゃんとできるようにならないと!!」と感じて犬とのトレーニングをあまり楽しめなかったり、「なかなか上手くいかないし、嫌になってきた」と途中で投げ出したくなったりしますよね。

 

そんな時は、ぜひ芸(トリック)のトレーニングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

芸(トリック)の練習はトレーニングを習慣にするきっかけになる!

 トリックは、犬のしつけに直接関係するものではないので、トリックができたから問題行動がなくなるということはないと思います。

 

しかし、トリックができるようになるとトレーニング自体を楽しんで取り組めるようになると思います!

 

そして、トリックをする愛犬の姿は本当にかわいいです!!

 

トリックを1つできるようになると、必ずと言って良い程、別のトリックも教えたくなります!

こうなると、知らないうちにトレーニングすることが日課になってたりします。

 

このトレーニングを日課にするというのが、個人的にはとても良いことだと思っています。

 

というのも、飼い主としては「仕事や家事で忙しい中、トレーニングを続けるのは面倒」と思ってしまいがちですよね。

 もちろん、「愛犬にしつけを覚えさせたいし頑張らないと!」という気持ちもあるはずです!…が、忙しさからついつい後回しにしてしまいがちだと思います。

 

ですが、犬の集中力が続くのは5~10分程度なので、長時間のトレーニングよりも短時間のトレーニングを何度も繰り返すことの方が大切なのです!

 

5分程度だったら、食後に5分とか、お風呂に入る前に5分とか、、飼い主がやろうと思いさえすれば、続けることは難しくないと思います。

 

この時に飼い主がトレーニングに対して、楽しいイメージを持っているかどうかです。

 

「ちょっとやってみようかな」という感じで、気軽に始めてみてください^^

 

 

レーニングで上手くいかない時は試行錯誤する!

愛犬とトレーニングする時、YouTubeの動画などを参考にされる方は多いかと思います。

 

動画の中では、簡単にやっているように見えるトリックでも、実際に愛犬で試してみると「そんな簡単にできない!!」と感じることもあるはずです!!

 

私も半年前ぐらいに”ロール”と呼ばれる、犬がふせの状態から横向きに一回転するトリックを愛犬に覚えさせたいなぁと思いまして、何回か練習しました。

 

全く横に一回転できるようにならないのです。

 

この時は、私自身がトレーニングを楽しいと思えていなかったので、上手くいかないまま”ロール”の練習は中断してしまいました。

 

それから、昨日久しぶりに「ロールの練習してみよう!」と思い練習してみると、すぐにできてしまいました!!!

 

果たして、愛犬が賢くなったのか、私の誘導の仕方が良かったのか、単なる偶然だったのかは不明ですが、初めてできた時はめちゃくちゃ褒めておやつもいっぱいあげました!

 

「動画通りにやって上手くいけばラッキー♪」と思ってた方が精神的に楽かもしれませんね。笑

 

ですが、”本当に自分が動画通りに犬を誘導できているのか”をじっくり確認してみてください。

ちょっと手の位置を変えるだけで上手くいったりするものです。

 

犬によっても得意な動きや苦手な動きがあると思いますので、色々試して試行錯誤することが大切だと思います。

 

そして、できた時にめちゃくちゃ褒めることで、トリックの定着が早くなります!

完全にできなくても、ちょっとずつできていく過程もきちんと褒めて、だんだんして欲しい行動に近づけていくように、焦らずていねいにすることが近道だったりします。

 

 

我が家の愛犬は、1回ロール(我が家では”ごろん”と呼んでいます)できた時に、こちらが求めている行動が理解できたようで、2回転もさくっとできるようになってくれました!

 

 

「この調子で色んなトリックを覚えるぞ~!」とやる気満々なおはぎでした。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!