犬との日々

ドッグトレーナーや犬の栄養学などを勉強中の飼い主と愛犬の日々のこと

スピッツ≠吠えてうるさい

 

こんばんは、おはぎです。

 

散歩中に知らないおじいさんに声をかけられた時のこと。

 

このおじいさんも犬を飼っていたそうで、犬トークしてきました!

その時、「スピッツはよく吠えてうるさいから~」みたいな話題になりました。

 

この時は「そうなんですね~」と当たり障りなく返事しましたが、、

スピッツ=よく吠える”という認識は、決して正しくありません!!!

 

今は室内飼いがメジャーになっていると思いますが、昔は外飼いは多かったですよね。

外でリードに繋がれた状態の犬は、自分が「怖い!」と感じた時に逃げることができないのです。(恐怖からの吠えの場合)

 

逃げることができない場合、自分の身を守るためには『吠える』しか選択肢がないのです。

そこで、犬が吠えた時に怖い対象が無くなると、「怖い時は吠えれば良いのか!」と学習してしまうのです。

 

 

もちろん、狩猟の時に吠えて獲物がいることを知らせるのが仕事だった犬種や、吠えやすい気質の犬もいるかと思います。

 

しかし、「吠えてうるさい!」ではなく、『なんで吠えているのか』を理解しようとすることが大切ですよね!