犬との日々

ドッグトレーナーや犬の栄養学などを勉強中の飼い主と愛犬の日々のこと

犬の保育園での初実習

 

こんにちは、おはぎです。

 

先日、やっと犬の保育園での実習がスタートしました!

不安と緊張と楽しみな気持ちでこの日を迎えましたが、、、実習はとっても楽しかったです!!!

 素人がどんな実習を行うかと言うと、オビディエンストレーニングを習った方法で実践できるようにする練習です。実習前に見本を見て、どんな風にやればよいのかはイメージしているのですが、実践することでとても勉強になりました。

 

今回は、数匹の小型犬が私の実習を手伝ってくれました。

 我が家の愛犬がパピーの頃しか、体の小さい犬を扱ったことがなかったので、「小型犬ってこんなに口が小さいのか!!!」、「チワワってこんなに目がうるうるなのか!!!」と初めて気が付くことがたくさんありました。

 

「こんなにうるうるな目で見られたら、おやつをあげ過ぎるのも理解できるなぁ」と作業犬には無い魅力も実感しました!

 

また、実習が始まったばかりの私の相手をしてくれるのは、犬の保育園に長く通っている常連の犬達で、既に”おすわり”や”ふせ”はできるのですが、おやつに対する執着心や癖が違うので、臨機応変に対応する必要があります。これは座学では得られないものだと感じました!

 

 小型犬~大型犬までできる限り色んな犬種でトレーニングできるようにこつこつ頑張ろうと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!