犬との日々

ドッグトレーナーや犬の栄養学などを勉強中の飼い主と愛犬の日々のこと

人が怖い犬と出会う

 

こんばんは、おはぎです。

 

先日の犬の保育園での実習では、人が怖い子犬の人慣れトレーニングに参加しました!

我が家の愛犬は、人にも犬にも恐怖心を感じにくい気質だったので、私は人が怖い犬と接するのは今回が初めてでした。

人から犬に接触しない

今回出会った犬は、生後半年ほどの子犬でした。

親しい店舗スタッフの方には、パピーらしく尻尾ブンブンで接しているのですが、初対面の私たちには近づこうとしません。私たち実習生は、床に座って周りにおやつを撒き、急に動いたりして子犬に刺激を与えないように、それとなく子犬の様子を見守りました。

「おやつが食べたいけど、近づくのは怖い…」という葛藤から、子犬は後ろ足を残したまま頭を伸ばしておやつを食べようと頑張ります。おやつを食べる回数を重ねていく内に、だんだん私たちと子犬の距離は縮まり、最終的には私たちの手からおやつを食べたり私たちのハンドシグナルでおすわりしてくれるようになりました!!!

信頼を失うのは一瞬

「ようやく子犬との距離が縮まった」と思ったのも束の間、実習生の一人がその子犬を触ろうと手を伸ばすと、子犬は一瞬で逃げて子犬との距離は再び遠くなってしまいました。

怖いものや苦手なものを慣らすためには、地道にこつこつと慣らす時間が必要ですが、ちょっとでも刺激が強すぎると、今までこつこつ慣らしていた時間がリセットしてしまいます。今回は、苦手なものに慣らすためのレベル設定の難しさを知りました。

 

犬好きな人ほど、犬を触りたくて手を差し出してしまいがちですが、その手が犬に恐怖心を与えている可能性もあると知る人が増えると、咬傷事故も減るのではないかと思います!