犬との日々

ドッグトレーナーや犬の栄養学などを勉強中の飼い主と愛犬の日々のこと

犬の食事問題

 

愛犬の食事について悩む飼い主さんは、非常に多いそうです。

私も愛犬の下痢をきっかけに「どんなフードがいいのかな~~」と頭を悩ませた経験があります。

我が家の場合は、幸いなことに何でも食べてくれて食欲旺盛な犬だったので、「ご飯を食べてくれない…!」と頭を悩ませることはありませんでした。

 

しかし、色んな犬の話を聞くようになって、フードの種類だけでなく飼い主のご飯の与え方にも注意することがあると知りました!

 

いつでもご飯が食べられる環境

愛犬がご飯を食べ終えるまでずっとご飯を出して置くと、犬は「今食べなくてもいいや。いつでも食べられるし。」と考えるようになるそうです!

ですので、ご飯が残っていても決めた時間が過ぎたらご飯を下げるようにして、『いつでも食べられる環境』を作らないようにすることが大切だそうです。

それとともに、愛犬の好むフードを探すのも必須ですね!

愛犬がご飯を食べると褒める

食が細いパートナーがご飯を食べてくれた時に褒める飼い主さんもいるそうです。この場合、人が見ている時しかご飯を食べないようになるそうです。

ペットホテルを利用する時や病気で入院しなければいけない時、つまり飼い主さんがご飯を与えられない時、犬はご飯を食べてくれないかもしれません。

高価格なフードであれば絶対食べるという訳ではない

基本的にドッグフードでは肉の割合が高い程、価格も高くなり、肉食よりの雑食である犬にとっては、肉の割合が高いドッグフードの方が食いつきは良いと考えられます。

しかしながら、犬にも個々の嗜好性があるため、全ての犬が高級ドッグフードを好むかというとそうではないそうです。

この嗜好性の違いが飼い主の悩みの種かもしれませんね…。

手作り食なら問題ないということもない

愛犬の健康を考えて、毎食完全手作り食にしている飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

手作り食についても、高級フードと同様に犬によっては好き嫌いがあるようです。

また、愛犬が若い時は100%手作り食で問題ないかもしれませんが、老犬になった時に病院で指定されたドッグフードしか与えられないようになる可能性があります。この時に、ドッグフードを食べてくれないと命に関わります。

おやつはおやつでしかない

喜んで食べてくれるからといっても、おやつと主食は違います。本当にご飯を食べてくれないと悩んでいる飼い主さんには、おやつの食いつきがとっても嬉しくなるかもしれません。

しかしながら、おやつはおやつでしかないのです!

愛犬の好む総合栄養食をしっかり探してあげることが飼い主の責任でもあると思います。

 

 

 

犬の食事問題に関しては、本当に色んな悩みがあります。

我が家では最近、絶対にドッグフードが示す給与量を与えないといけないという考えが変わりました!

 

食に関することは、獣医師のアルシャー京子さんによる勉強会でも勉強中です!

なんとなく。ではなく、根拠を持って愛犬の健康を維持できるように頑張りたいと思います!!!

 

 

f:id:yuzuohagi:20200717235123j:plain

「美味しいご飯待ってます!」