犬との日々

ドッグトレーナーや犬の栄養学などを勉強中の飼い主と愛犬の日々のこと

犬の自由

 

動物福祉について勉強していると、よく目にする『5つの自由』。

動物が快適で苦痛を受けずに生活するために、人間はこの『5つの自由』を満たしてあげる責任があると考えられています。

 

ここで注意したいのは、「愛情を注いで可愛がっているから大丈夫!」とは限らないということです…!

 

動物の5つの自由

5つの自由の内容は以下の通りです。

(詳細は、日本動物福祉協会のHPをご覧ください。)

www.jaws.or.jp

  1. 飢えや渇きからの自由
  2. 不快(な環境)からの自由
  3. 痛み・傷害・病気からの自由
  4. 恐怖や抑圧からの自由
  5. 正常な行動を表現する自由

1番については、飢えや渇きよりも食べ物やおやつの与えすぎで肥満になってしまうケースの方が多いような気がします。

2番については、室内で飼っていたりトリミングやグルーミングを行っていたら、問題ないと思いがちですが、、邪魔の入らない休息場所を愛犬に提供できていない場合が多いそうです。

3番については、予防注射だけでなく健康診断を受診したり、異常をすぐに気づけるようにしなければいけません。

4番については、飼い主の責任を果たせていない場合が多いと思います。”社会化できているか”が、この項目の大きなポイントで、飼い主が見落としがちな項目ではないでしょうか。

5番についても、飼い主が犬という動物のことを理解していなかったり、「お散歩は毎日行かなくても良いですよ」というようなペットショップ店員の言葉を信じて、犬の欲求を満たせていないことが多いと思います。

 

5つの内容を細かくみていくと、、『5つの自由』を満たせている飼い主は、結構少ないのではないかなぁと個人的に思います。

『5つの自由』をはじめ、犬を飼うことはかなり大変で、すべきことがたくさんあります。

 

これから犬を迎えようという人には、『5つの自由』の内容をきちんと理解して、「自分達は愛犬を満たしてあげることができるのか」をじっくり考えて欲しいと思います。

すでに犬と暮らしている人は定期的に『5つの自由』を満たせているか、チェックすることでより愛犬との絆が深まるのではないでしょうか。

 

f:id:yuzuohagi:20200924001225j:plain