犬との日々

ドッグトレーナーや犬の栄養学などを勉強中の飼い主と愛犬の日々のこと

口腔ケアと愛犬の歯科検診

 

犬の口腔ケアというと、歯ブラシでの歯磨きやデンタルガム、デンタルトイ、その他にジェルやふりかけ状のものまで色々ありますよね。

 

実は私自身、最近まで犬の口腔ケアについて全く知識が無く、歯磨きシートでたまに歯を磨く程度しかしていませんでした…。(-_-;)

 

そんな状況から一転、愛犬の口腔ケアを気にするようになったのは、今年に入ってからでした。愛犬の歯をじっくり見ると、今まで綺麗だった歯が茶色くなっているのです。

 

「ちゃんと歯のお手入れしないと!!!」と焦って、色んな商品を試してみました。

もちろん、短期間で効果が出るものではありませんので、どんな商品が良いのかは不明なまま時間が過ぎていきました。

 

そんな時、ドッグ デンタルケア.トレーニンソサエティという犬の歯磨きを広める活動をしている方々のお話を聞く機会が!!!!

 

口腔ケアについて、知識のない私からすると衝撃的な内容ばかりでした…!

 

獣医師なら歯のことも知っているとは限らない!?

人なら病院と言っても、様々な専門病院がありますよね。もちろん、歯を診てもらいたい時は、歯の専門医である歯医者にいきます。

犬についても人と同様に、歯科の専門医に診てもらうのが一番ですよね。つまり、獣医師だから歯に詳しいとは限らない訳です。

しかしながら、犬の歯科医師免許などありませんので、歯に詳しい獣医師さんかどうか確認する必要があります。歯科に詳しくない獣医師の場合、治療方法が限られるためすぐに抜歯することになりやすいそうです。

大切な愛犬の歯、出来ることなら残してあげたいですよね。

 

無麻酔歯石除去についても、かなり衝撃的な内容を教えて頂きました。

 

どんな人がどんな方法で治療するのか、、飼い主がしっかり調べて、病院を選ばないと取り返しのつかないことになるんだなぁと感じました。

 

愛犬の歯の診察をしてもらいました

数少ない歯科専門の動物病院に愛犬を連れていきました~。

診察時に口内の写真を撮って頂き、どの部分がどんな状態なのか詳しく教えてもらいました。

歯石や歯周病、その他にも素人にはわからないようなフリスビーで歯が削れてる部分や、ロープのおもちゃによって歯の間に歯垢が溜まっている部分など、知ることができました!

 

ロープなどのおもちゃは、歯垢を歯茎の隙間に押し込んでしまうそうです…。

 

あと、ヨーグルトを舐めさせて歯磨きしていたのですが、乳酸菌は歯を溶かす働きがあるらしく、歯磨きの時はシンプルに水を使用するのが一番だと言われてしまいました。

 

早い段階で正しい知識を知ることができて、本当に良かったです!!!!

 

次回から本格的に治療が始まりますが、それまでに毎日歯磨きを頑張ろうと思います。

 

 

f:id:yuzuohagi:20201001224831j:plain